お知らせ

合成モアッサナイト等、ダイヤモンド類似石の表記について

近年、技術の発達により様々なダイヤモンドの類似石が生産されています。人工的に生産されたものであるため、宝石の条件である美しさ、希少性、耐久性のうち、希少性が無いため宝石とは言えませんが、気軽に楽しめる装身具の素材として注目されています。
 
その一方で最近は各種通販やインターネット、SNS等において、ダイヤモンドではないにもかかわらず「○○ダイヤモンド」という表記や、ダイヤモンドを引き合いに出した紛らわしい説明が多数散見されております。しかし、これらの販売者の説明・表示は消費者の皆様の誤解を招くものとして妥当ではなく、不当景品類及び不当表示防止法でも禁止されている『優良誤認表示』に当たる可能性があります。ジュエリーを購入される場合は商品の説明に十分ご注意ください。
 
誤った表記例①:「キュービックジルコニア・ダイヤモンド」、「CZダイヤモンド」、「モアッサナイト・ダイヤモンド」など
解説:これらはいずれも類似石をダイヤモンドと誤認させる紛らわしい表記です。実際にはダイヤモンドではありません。
 
誤った表記例②:「モアッサナイトは合成ダイヤモンドです」
解説:合成モアッサナイトやキュービック・ジルコニアと合成ダイヤモンドは、見かけは似ていますが全く別のものです。流通しているモアッサナイトは通常は合成石ですので、正しくは「合成モアッサナイト」と表記すべきです。
 
誤った表示例③:「合成ダイヤモンドの一種であるキュービック・ジルコニア」
解説:キュービック・ジルコニアは人工的に作られたものですが、天然には対応物が存在しないため、「人造石」に分類されます。また、キュービック・ジルコニアは合成ダイヤモンドではありません。

 

●人工生産物の種類

【合成石】 同種の天然石と同様の化学特性、物理特性、内部構造を有する。… 合成ダイヤモンド、合成モアッサナイト など
【人造石】 天然には対応物が存在しない。………………………………………… 人造キュービック・ジルコニア など
【模造石】 色や外観、質感を模倣したもの。……………………………………… ガラス、プラスチック など

 
分類の詳細は  『宝石もしくは装飾用に供される物質の定義および命名法』をご参照ください。
 
※1  不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法):消費者が適正に商品・サービスを選択できる環境を守るための法律。違反した場合、措置命令や課徴金納付命令の措置が採られます。
※2  優良誤認表示:商品・サービスの品質や価格について、実際よりも著しく優良であると見せかける表示。店頭などでの口頭説明も表示に含まれます。
※3 合成モアッサナイトは、インターネットやSNS等において「モアサナイト」と表記されていることがあります。
 
 

PAGETOP